◯分の×(分数)、%パーセント、△割(割合)の言い方

基礎編

日常会話で分数やパーセンテージ、割合を言うことってたくさんあると思います。意外と日本語と中国語の言い方は似ているので、後回しにせずにぜひ先に覚えてみてください。また、割引の場合は割合とはまた違う言い方をするので、そちらも合わせて紹介します。

◯分の×(分数)の言い方

◯分之×

◯分の×

「何分の何」というときは日本語と似ており、「◯分之×」と言います。

■例文

(简/繁)三分之一
三分の一

(简/繁)五分之二
五分の二

パーセント%の言い方

(简/繁)百分之三□

□%

中国語では%を使わずに「百分之△」と百を基準として表現します。

この言い方は長いので台湾ではそのまま「30%」と言ったりもします。%の発音は「パー」です。

■例文

(简/繁)百分之十
10%

(简/繁)百分之四十五
45%

(简/繁)百分之七十九
79%

(简/繁)百分之百
100%

△割(割合)の言い方

(简/繁)△成

△割

割合を言うとき、10%なら1割、50%なら5割と日本語でも「割」を使って割合を表現する方法があります。中国語では「割」の代わりに「成」を使います。

■例文

(简/繁)一成
一割

(简/繁)三成
三割

(简/繁)五成
五割

(简/繁)七成
七割

△割引き

値引きの「△割引」は別の単語で表現するので注意が必要です。

(简/繁)△折

(10-△)割引

割引の場合は「折」という漢字を使います。

中華圏の街中で「九折」「八折」という単語を見たこともある方は多いのではないでしょうか。日本の感覚でいうと、「9割引」「8割引」と破格の値段に感じますが、実は日本語とは逆になります。

「九折=1割引」「八折=2割引」といった具合です。ややこしいのですが、覚えておかないと買い物のときに間違って買ってしまうことがあるかもしれませんので、必ず覚えておきましょう。

■例文

(简/繁)九折
10%割引

(简/繁)七折
30%割引

(简/繁)55折
45%割引

(简/繁)一折
90%割引

中国語の数字はこちらの記事で紹介しています。

タイトルとURLをコピーしました