【中国語】「要是・如果」仮定や条件「もし」を表す接続詞の文法を解説

基礎編

日常生活で「もしも・・・なら、〜なのに」と条件や仮定の話をすることは多いでしょう。今回はその条件・仮定用法を解説します。

実は中国語で「もしも」と仮定や条件をいう単語はたくさんあります。どれも意味はほとんど同じですが、後に続く文の内容によって使い分けをします。本記事ではその使用頻度の高い単語2つを紹介します。

スポンサーリンク

条件・仮定用法の単語と基本文法

(简/繁)要是
(拼音)yàoshi
(日本語)もし〜ならば

(简/繁)如果
(拼音)rúguǒ
(日本語)もし〜ならば

基本文法

要是/如果A的话(話),B(主語+就+動詞)。

■意味
もしAなら、Bだ。

B(主語+就+動詞)の「就」はしばしば「要是/如果」とセットで使用されます。「要是」と「如果」の違いは後述します。「的话(話)」があるとより柔らかく口語的な表現になります。「的话(話)」は省略しても問題ありません。

■例文

(简)要是你吃了我的零食,我一定会生气
(繁)要是你吃了我的零食,我一定會生氣
私のおやつ食べたら、怒るからね

「如果」「要是」を使わず、直接「A的话(話),B。」と言うこともできますこれは今回紹介する文法の中では一番カジュアルな言い方です。

■例文

(简)有时间的话,你可以帮我一个忙吗?
(繁)有時間的話,你可以幫我一個忙嗎?
時間があるなら、手伝ってくれない?

さらに、フレーズBの「就」は内容によっては不要です。

■例文

(简)如果你周末有空的话,一起去喝杯咖啡如何?
(繁)如果你週末有空的話,一起去喝杯咖啡如何?
もし週末空いているなら、コーヒー飲みにいかない?

スポンサーリンク

「要是」「如果」の違い

「要是」と「如果」の意味はほとんど同じですが、「如果」が使われることが多いです。細かい違いを下記にまとめましたのでご参考にしてください。

要是 如果

・より口語表現
・どちらかというと良くない時や悪い結果の時に使用

・一番汎用性が高い
・書き言葉、口語表現どちらでも使用可能

 

「〜的话(話)」が一番口語表現

まとめ

口語表現の順に
的话(話)>要是>如果

上記で「要是/如果」を省略することができると紹介しましたが、ニュアンスが異なります。
口語表現順に言うと、的话(話)>要是>如果の順番(左の方がより口語的)となります。

■例文

(简)妈妈说:「如果要出去玩儿,就要先把作业写完。
(繁)媽媽說:「如果要出去玩,就要先把作業寫完。
もし遊びに行きたいなら、先に宿題を終わらせなさい。とお母さんがいいました。

例文参考:[https://bookmarks.tw/dictionary/archives/36551:title=https://bookmarks.tw/dictionary/archives/36551]

他にも「假如」「若」など、「もし〜」を表す単語は色々ありますが、基本はこの2つです。日常生活では「如果」を使う人が一番多いように思うので、まずは「如果」をマスターするのをおすすめします。「假如」「若」など、他の単語はいつかまた別記事で紹介します。

タイトルとURLをコピーしました