台湾の美容室で髪を切るときの流れ

台湾

海外生活で困るのがヘアカットではないでしょうか。髪は絶対伸びてくるものですが、自分で切るのは難しい。必然的にお店で切る方が多いと思います。そこで今回は台湾の美容室で髪を切るときの「予約からお会計」までの流れとそのとき知っておきたい中国語のフレーズをお届けします。

基本的に台湾の美容院は日本と同じです。受付を済ませ、美容師さんになりたい髪型を伝え、カットしてもらう。大きく日本と異なるところはありません。では、さっそく美容室で使える中国語を見ていきましょう。

美容院で使用する中国語はこちらの記事で紹介しています。

予約〜お会計までの流れ

予約

飛び込みで美容室に行ってもいいですが、予約した方が待ち時間が少ないのでベターです。主な予約方法は以下です。予約前日などに予約確認の電話やメッセージが来るお店もあります。

①電話予約

②Facebookのメッセンジャーやお店のHPから予約

③LINEで予約

①電話予約

直接お店に電話して予約してみましょう。電話予約したときの流れの例を作ってみました。左の男性が店舗側、右の女性がお客さん側です。必ずしもこの通りではありませんが、大体このようなことが聞かれるのでご参考にしてください。

喂,〇〇沙龍您好
(もしもし、〇〇サロンです)

您好,我想預約

(こんにちは、予約したいのですが)

好的,你想要什麼服務?
(わかりました。どのメニューご希望ですか?)

我想要剪頭髮跟護髮
(カットとトリートメントをしたいです)

請問,您有沒有指定的設計師?
(ご指名のスタイリストはいますか?)

沒有/我想約日籍設計師

(いません/日本人スタイリストがいいです)

好的。您想約什麼時候呢?

(わかりました。いつのご予約ご希望ですか?)

下星期六下午兩點可以嗎?
(来週土曜午後2時は大丈夫ですか?)

那個時間沒問題!我幫您安排預約喔

(その時間は大丈夫です!予約押さえておきますね)

 

謝謝!

(ありがとうございます!)

日本人のスタイリストの中国語は「日籍設計師」です。日本人の方をご指名したいときはこう言いましょう!

②Facebookのメッセンジャーやお店のHPから予約

台湾ではお店のホームページやFacebookページのメッセンジャー機能を使って予約することができます。店舗によって予約方法が異なるので詳しくは記載しませんが、メッセンジャーで連絡するときは①電話予約のように「我想預約(予約したいのですが)」とメッセージしてみましょう。

③LINEで予約

お店の公式ラインから予約することができます。また、時々美容師さん個人のLINEを教えてもらい、次回からは直接美容師さんにLINEで予約する方式を取っているところもあります。

スポンサーリンク

予約当日 受付

基本的には日本の美容院と同じで、受付で予約の有無や指名した美容師を言いましょう(指名していない場合は言う必要はありません。)

您好!您有預約嗎?(予約していますか?)

有。我是六點預約的田中小姐。

(しています。6時予約の田中です。)

予約の確認が取れましたら、席まで案内されるまで待ちましょう。席に案内されたら担当の美容師さんがと髪型の相談をします。

美容師さんと髪型の相談をする

日本の美容院と同じで最初にしたい髪型を聞かれます。写真を持参して見せるのが一番わかりやすいやり方だと思います。もし予約時に希望のメニューを言っていない場合は当日伝えましょう。

您有想要的髮型嗎?

(したい髪型はありますか?)

我要剪像這張照片一樣

(この写真と同じようにカットしてください)

好~(わかりました)

■当日希望のメニューを伝えるとき

您想要哪些服務呢?

(どのメニューをご希望ですか?)

 

我想要剪髮跟染頭髮

(カットとカラーをお願いします)

他の髪型のオーダーの仕方は本記事の最初で紹介した単語集にも掲載しているので、ぜひ参考にしてください。

施術中の会話

我帶您去沖洗台喔
(髪の毛を洗いにいきますね)

これを言われたら美容師さんについて行って髪を洗ってもらいましょう。

施術中の雑談はやはりお客が日本人なので、日本のことや美容師さんが日本旅行に行ったときの話を聞くことが多いです。ちなみに薬剤は日本の資生堂を使っているお店も多く、わざわざHPに書いているところもあるので、心配な方は予約の際にチェックしてみてもいいかもしれません。

仕上がりの確認

日本と同じで鏡を持ってきてくれ仕上がりを確認します。もしもう少し切って欲しいところがあれば伝えましょう。前述の別記事にて言い方をまとめています。そちらをご参考ください。

女性向けの美容室なら、日本と同じでセットの時のコツなど教えてくれる場合が多いです。また、スタイリストさんによっては、仕上がりで不明点があれば質問してくれとLINEを教えてくれてる方もいます。

お会計

受付にてお会計しましょう。お疲れ様でした。

スポンサーリンク

台湾在住の日本人はどうやって髪を切っているのか

初めて台湾で髪を切る際、他の方はどうしているか気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。私の知っている方は、下記3つのパターンが多いです。

1)日本人美容師がいる、または日本人経営の美容室に行く
2)台湾人美容師の美容室に行く
3)自分でカットする

それではそれぞれ詳しく説明します。

1)日本人美容師がいる、または日本人経営の美容室に行く

日本人の方に切ってもらう場合、言葉の不自由がないので日本で髪を切るのと変わりません。ただし、台湾ローカルのお店と比較するとお値段は高くなります。中には日本の平均的な値段のお店でカットするよりも高いところもあります。

お値段は上がりますが、やはり日本人が好むヘアカットを知っているのは日本人なので失敗が少ないのがいいところです。

切ってもらうのは台湾人でもいいけど、やりたい髪型を伝えられるか不安・・・。という方は、日本人美容師、台湾人美容師両方が在籍している美容室に行く手もあります。ただし、必ずしもその日に日本人の方が出勤しているかは保証できません。

なお、日本人が在籍している美容室の場合は、予約の際に日本語が通じる場合が多いです。

2)台湾人美容師の美容室に行く

いわゆるローカルの美容室です。料金は1)と比較すると安い場合が多いです。なかには男性で、100元カットのお店に挑戦しているツワモノもいます。しかし、お店によっては日本と変わらない、あるいは日本の平均価格よりも高い場合もあります。

気になるカット技術なのですが、あくまで個人的な意見ですが、日本人の方が上手、といいますか細かいところまで丁寧に切ってくれるように思います。一方、台湾人の方は、ざっくりと大胆にカットされます。

また、国によって好まれるカットやカラー、パーマのスタイルは異なるので、そのせいもあるかと思います。台湾人に切ってもらうとどうしても台湾人好みのカットになってしまいやすいのは仕方がないでしょう。

3)自分でカットする

これは究極ですが、一番安い方法です(笑)。聞いてみると意外と自分でカット、カラーされている方は多いです。

まとめ

台湾では美容師になるのに日本のように国家資格を取る必要がありません。お師匠さんのような美容師の方がいて、新人さんはその方に教わりながら学んでいくパターンが多いようです。そのおかげで外国人である日本人も簡単に美容師として台湾で働けるのですが、逆に言うと台湾人の美容師さんがカラー剤などの薬剤に対してどこまで専門的な知識があるかは人によってばらつきがかなりあると思います。

実際に、皮膚が弱いのに強めの薬剤を使われてヘアカラーをしてしまった経験もあります(全ての台湾ローカルのお店がこういうわけではありません。もちろん精通していらっしゃる方もいらっしゃいます)。

どんな美容師さんにあたるかは運次第なので、皮膚が弱い方はヘアカラーやパーマを控えるか日本人の美容師さんに担当してもらうのが安心でしょう。

ご自身のお気に入りの美容師さんに出会えることを願っています。

タイトルとURLをコピーしました