【中国語】比較級「比」「更」「比较」「AはBより〜だ」

基礎編

「〜より〜だ」と何かを比較するときの表現を学びます。中国語では主に「比」「更」「比较(比較)」この3つの単語を使い比較をします。

「比」を使った比較

(简/繁)比

(拼音)bǐ

基本文法

A +比 + B + 形容詞

■意味
AはBより〜だ

基本的に比較級は形容詞を比較しますが、一部動詞(*)も比較級を使用することができます。
*「理解」「了解」など

■例文

(简)今天比昨天热
(繁)今天比昨天熱
今日は昨日より暑い

(简)我的鞋子比你的好看
(繁)我的鞋子比你的好看
私の靴よりあなたの靴の方が(見た目が)いいです。

AとBが同じものを比較している場合、Bの比較対象のものは省略することができます。
その場合は例文のように「〜的」としましょう。

どの程度違うか言う場合

基本文法

A +比 + B + 形容詞 + 程度

■意味
AはBより〜〇〇くらい〜だ

差がどれくらいあるのか表現するときは形容詞や動詞の後に程度を表す単語を言います。

■例文

(简)今天比昨天热一点儿
(繁)今天比昨天熱一點
今日は昨日より少し暑いです。

(简)我今天比昨天忙多了
(繁)我今天比昨天忙多了
今日は昨日よりとても忙しい。

スポンサーリンク

「更」を使った比較

(简/繁)更

(拼音)gèng

基本文法

①A + 比 + B + 更 + 形容詞/動詞
②A + 更 + 形容詞/動詞


■意味
AはBよりもっと〜だ

「さらに、もっと」の意味を表す「更」を使って比較を表現することもできます。「更」は「もっと」という意味なので、「比」だけを使うよりさらに強調して言うことができます。

比較対象がはっきりしている場合、あるいは言う必要がない場合基本文法②のように「比」と「B」を省略することができます。

■例文

(简)我希望今天比昨天更进步
(繁)我希望今天比昨天更進步
今日は昨日よりもっと良くなりますように

(简)我想更了解自己的心里
(繁)我想更了解自己的心理
自分の気持ちをもっと理解したい。

「比较(比較)」を使った比較

(简)比较(繁)比較

(拼音)bǐjiào

基本文法

A + 比較 + 形容詞

■意味
比較的/より〜だ

比較対象が分かっているときやわざわざいう必要がないときは「比較」を使用します。そのため、「比」のBように比較対象をはっきり言う必要はありません。例文と合わせて簡単に解説していますので、次の文をみていきましょう。

■例文

(简)我比较喜欢蓝色
(繁)我比較喜歡藍色
私はどちらかというと青色が好きです。
(「他の色と比較」しているが、言わなくてもわかる文のため、わざわざ言う必要がない

(简)你几点比较方便呢?
(繁)你幾點比較方便呢?
何時が都合がいいですか?
(「他の時間と比べて」どの時間が都合がいいか聞いている。「他の時間と比べて」いるのは言う必要がない。

(简)今天比较凉快
(繁)今天比較涼快
今日は比較的涼しいですね。
(「これまでと比べて」いるが、言わなくてもわかる文である。)

単語帳

例文で使用した単語はこちら

中国語(简) 中国語(繁) 発音 品詞 日本語
进步 進步 jìnbù 動詞 進歩する
好看 好看 hǎokàn 形容詞 見た目がよい
凉快 凉快 liángkuai 形容詞 涼しい
心里 心理 xīnli 名詞 心の中、気持ち
蓝色 藍色 lánsè 名詞 青色

 

タイトルとURLをコピーしました