中国語の挨拶とお礼、返答や謝罪の言い方。中国大陸と台湾別に解説

基礎編

コミュニケーションの基本はあいさつから。挨拶ができるだけで印象がグッと良くなります。これはどこの国でも同じでしょう。しっかり身につけて、実践してみましょう。なお、中国大陸と台湾では言い方が異なるものもあります。

単語は下記の順番で表示しています。
・日本語
中国語(简)
中国語(繁)
発音(拼音)

「中国語(简)」は主に中国大陸、「中国語(繁)」は主に台湾で使われる単語です。

スポンサーリンク

挨拶

朝昼晩の挨拶

・おはようございます
早上好
早安
zǎo shang hǎo / zǎo ān

・おはよう


zǎo

・こんにちは
下午好
你好
xiàwǔ hǎo / nǐ hǎo

・こんばんは
晚上好
晚上好
wǎn shàng hǎo

・おやすみなさい
晚安
晚安
wǎn ān

・さようなら
再见
再見
zàijiàn

「こんにちは」と言う時、中国大陸では「下午好」を使いますが、台湾では使いません。また、「こんばんは」と言う時、中国大陸では「晚上好」と言いますが、台湾では「晚安」と言います。ただ、人によっては台湾でも「晚安」はおやすみの意味なので、「こんばんは」の意味で使うのはおかしいという方もいます。どれを使うか心配な方は、これから紹介する「你好」や「哈囉」を使うと間違いないです。

一番基本の挨拶

・(目の前の人に対して)こんにちは
你好
你好
nǐ hǎo

・(目上の人に対して)こんにちは
您好
您好
nín hǎo

・(大勢の人に対して)こんにちは
你们好 / 大家好
你們好 / 大家好
nǐmenhǎo / dàjiā hǎo

・(先生の人に対して)こんにちは
老师好
老師好
lǎoshīhǎo

「你好」の「你」は例えば「老师好(老師好)」のように挨拶する相手によって変更することができます。

中国大陸では「早上好」「下午好」「晚上好」はかしこまった場などで使用します。「你好」は朝昼晩関係なく使える便利な言葉です。

台湾ではほとんど「你好」や「再見」を使いません。ビジネスや初めて会う方など少しかしこまった場所では使うようです。
友人同士ならあいさつは英語由来の「哈嘍」「嗨」「拜拜」を使いますし、服屋さんなどお店でもほとんどこれらを使うイメージです。

カジュアルな挨拶

・こんにちは(ハロー)
哈啰
哈囉
hāluó

・こんにちは(ハイ)


hāi

・さようなら(バイバイ)
拜拜
拜拜
bàibài

もちろん、中国大陸でもお友達同士なら使います。

お礼とその返事

スポンサーリンク

お礼とその返事もいろいろバリエーションがあります。

・ありがとう
谢谢
謝謝
xièxiè

・ありがとうございます
感谢
感謝
gǎnxiè

・ありがとうございます
感恩
感恩
gǎn’ēn

・(主に中国)どういたしまして
不客气
不客氣
bù kèqì

・(主に中国)どういたしまして
别客气
別客氣
bié kèqì

・(主に中国)どういたしまして
不用谢
不用謝
bùyòng xiè

・(主に台湾)どういたしまして
不会
不會
bù huì

・大丈夫ですよ
没事儿
沒事
méishì er / méishì

具体的にお礼したい相手の名前や何に対するお礼か言いたいときは、「谢谢(謝謝)」のあとに追加します。また、「谢谢(謝謝)」の前に副詞をつけてありがとうの程度を変えることもできます。

■例文

(简)谢谢你
(繁)謝謝你
(話している相手に対して)ありがとう

(简)谢谢你的礼物
(繁)謝謝你的禮物
プレゼントありがとう

(简/繁)非常謝謝你
本当にありがとう

上記の表からも分かる通り、中国と台湾ではありがとうに対する返答が異なります。もちろん台湾でも「不客气」といった中国の言い方は通じますが、使用している人はほとんど見かけません。(時々中国語を勉強している外国人のために、気を遣って使用する台湾人はいます。)
「没事儿(没事)」は大したことないよ。というニュアンスが含まれています。

タイトルとURLをコピーしました