【中国語】数字の発音、数え方、「大写」や◯分の×(分数)、%パーセント、△割(割合)の言い方を解説!

基礎編

数字の漢字、発音、そしてつまずく方の多い「二」と「两(兩)」の違いなど中国語の数字に関する基礎ついて本記事で解説します。さらに、正式な文章で使用する数字の漢字「大写(大寫)」や分数やパーセントの言い方や表記についても紹介しています。数字の漢字は基本的には日本語と同じなので難しくありませんので、発音だけ丸暗記してしまいましょう。割合に関しても基本的には同じですが、割引に関する点は日本語とは真逆なため、混乱しやすいところでもあります。

スポンサーリンク

単語は下記の順番で表示しています。
・中国語(简)
中国語(繁)
発音(拼音)
日本語

基本の数字

中国語(简) 中国語(繁) 発音 日本語
líng
yī/yao
二 / 两 二 / 兩 èr / liǎng
sān
liù
jiǔ
shí
一百 一百 yībǎi
一千 一千 yīqiān
一万 一萬 yīwàn

 

「一」は「yī/yao」の2つ読み方があります。普通は「yī」を使いますが、たまーに中国大陸では「yao」を使用します。
「yao」はもともと軍隊で使用されていた読み方で、聞き間違いがないよう、ほかの発音の似た数字と区別するために使われていたそう。そのため、今でも中国大陸では部屋番号などを言う際に使用します。

二と两(兩)の使い分けについて

基本的に下記のように使い分けます。

■順序のとき:二 量のとき:两(兩)

・「二」の例
一九二二年
第二名

・「两(兩)」の例
两(兩)個人
两(兩)年前
两(兩)個月

ただし、例外もあります。
○两点(兩點)
×二点(二點)

また、大きい数字の場合は二と两(兩)が混ざります。

2→二
12→十二
20→二十
200→二百 /兩百
2,000→两(兩)千
20,000→两万(兩萬)
200,000→二十万(二十萬)

2002→兩千二または二零零二

200に関しては、中国では主に「二百」、台湾では「兩百」を使用します。
ややこしいですが、使って覚えていくのが一番覚えていくしかありません。

大写(大寫)難しい数字表記

正式な文章のときや領収証などでは大写(大寫)というこの難しい方の数字を使用します。日常生活ではほとんど使用しません。

中国語(简) 中国語(繁) 発音 日本語
líng
èr / liǎng
sān
liù
jiǔ
shí

 

◯分の×(分数)の言い方

◯分之×

◯分の×

「何分の何」というときは日本語と似ており、「◯分之×」と言います。

■例文

(简/繁)三分之一
三分の一

(简/繁)五分之二
五分の二

スポンサーリンク

パーセント%の言い方

(简/繁)百分之三□

□%

中国語では%を使わずに「百分之△」と百を基準として表現します。

この言い方は長いので台湾ではそのまま「30%」と言ったりもします。%の発音は「パー」です。

■例文

(简/繁)百分之十
10%

(简/繁)百分之四十五
45%

(简/繁)百分之七十九
79%

(简/繁)百分之百
100%

△割(割合)の言い方

(简/繁)△成

△割

割合を言うとき、10%なら1割、50%なら5割と日本語でも「割」を使って割合を表現する方法があります。中国語では「割」の代わりに「成」を使います。

■例文

(简/繁)一成
一割

(简/繁)三成
三割

(简/繁)五成
五割

(简/繁)七成
七割

△割引き

値引きの「△割引」は別の単語で表現するので注意が必要です。

(简/繁)△折

(10-△)割引

割引の場合は「折」という漢字を使います。

中華圏の街中で「九折」「八折」という単語を見たこともある方は多いのではないでしょうか。日本の感覚でいうと、「9割引」「8割引」と破格の値段に感じますが、実は日本語とは逆になります。

「九折=1割引」「八折=2割引」といった具合です。ややこしいのですが、覚えておかないと買い物のときに間違って買ってしまうことがあるかもしれませんので、必ず覚えておきましょう。

■例文

(简/繁)九折
10%割引

(简/繁)七折
30%割引

(简/繁)55折
45%割引

(简/繁)一折
90%割引

タイトルとURLをコピーしました