【中国語】動詞・形容詞の重ね型

基礎編

今回は中国語の独特な文法、動詞・形容詞の重ね型を学びます。重ね型は動詞・形容詞によって異なります。全部を覚えるのは難しいので、日常生活でよく聞く単語から順に覚えていくといいでしょう。

スポンサーリンク

動詞の重ね型

動詞を重ねて言うと「ちょっと〜してみる」といった語気を和らげる軽い表現になります。

単音節動詞Aの場合

AAと重ねます。

看→看看

■例文

(简)我从来没去过日本,很想去看看
(繁)我從來沒去過日本,很想去看看
日本に行ったことがないので、ちょっと行ってみたいです。

単音節動詞Aで、間に「一」を入れる場合

単音節動詞の動詞で、「短時間」「一回の動作」を表したい際は、「A一A」とします。
しかし、基本的にはAAとほとんど意味は同じです。

看一看
ちょっと見てみる

「看一看」の前にほかの動詞がつくと「〜してみる」という意味になります。例)「去看看」行ってみる

等一等
ちょっと待って

「ちょっと〜する」として「一下」がありますが、「一下」主語が自分以外の相手に対して使用します。

你看一下
ちょっと見てみて

你等一下
ちょっと待って

2音節動詞ABの場合①

ABABと重ねます。

休息→休息休息

■例文

(简)我们休息休息吧
(繁)我們休息休息吧
ちょっと休憩しましょう。

2音節動詞ABの場合②

ごく稀にAABBと重ねる場合があります。

來回→來來回回

■例文

(简)我来来回回日本好几次
(繁)我來來回回日本好幾次
日本をちょっと何回か行ったり来たりしました。

動詞A+名詞Nの動詞の場合

AANと重ねます。

走路→走走路

■例文

(简)要不要出来走走路
(繁)要不要出來走走路
ちょっと出てきて歩きませんか?

走路はこの2文字で動詞の役割を果たしますが、走+路と分解することもできます。「走」は動詞、「路」は名詞に分解でき、中国語の動詞にはこのような動詞がたくさんあります。これは離合詞といい、下記の記事で詳しく紹介しています。

しかし、 2音節動詞ABの場合①で紹介した「休息」はこの2文字で一つの単語であり、分解することはできません。この場合は、基本的に「ABAB」型の重ね方をします。

スポンサーリンク

形容詞の重ね型

形容詞を重ねて使うと、その発言時のものごとや状況を生き生きと表すことができます。

単音節動詞Aの場合

AAと重ねます。

大→大大的
綠→綠綠的

■例文

(简)绿绿的树
(繁)綠綠的樹
緑いっぱいの木(とても緑が生い茂っている様子を表す)

2音節動詞ABの場合①

ABABと重ねます。

雪白→雪雪白白的

2音節動詞ABの場合②

AABBと重ねます。

乾淨→乾乾淨淨

■例文

(简)我希望房间干干净净的
(繁)我希望房間乾乾淨淨的
部屋はとても清潔であってほしい

単語帳

例文で使用した単語はこちら

中国語(简) 中国語(繁) 発音 品詞 日本語
来回 來回 láihuí 動詞 行き来
形容詞 大きな
绿 形容詞 緑の、緑である
干净 乾淨 gānjìng 形容詞 きれいな、清潔な
shù 名詞
房间 房間 fángjiān 名詞 部屋

 

タイトルとURLをコピーしました