簡単だけど効果絶大!絶対に真似してほしいおすすめの語学の勉強方法

その他

世の中には様々な語学学習のコツを提唱しているサイトや本があります。もちろん、その通りにすることも悪くはないのですが、もっと手軽にできて学習効果に絶大な勉強方法があります。本サイトは中国語学習のまとめサイトではありますが、中国語に限らず全ての言語の学習に役立つと思うので、その方法を今回はシェアします。

ちなみにこの方法は私が語学学校に通っていた頃、中国語の先生にこれだけは必ずしなさいと言われた勉強方法です。当時騙されたつもりで実践して本当に効果があったと実感したものを紹介しています。

スポンサーリンク

おすすめの語学学習法

声を出して文章を読む(音読する)

とてもありきたりな回答でがっかりしてしまった方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんなこと、小学校の頃から言われ続けてきたよと。
少し待ってください。では、なぜ声に出して文章を読むことが大事なのでしょうかご存知ですか?意外となんとなくでしかわかっていない方が多いのではないでしょうか。

では一体語学学習の何に効果があるのか、どうして効果があるのか説明していきます。

1.正しい発音を学べる

特に中国語は発音と四声が命です。これができていないと理解してもらえないことが多々あります。音読する際は、必ず発音と四声に気をつけて読むので、自然とその単語の発音と四声を身につけることができます
また、自分が発音できない単語は聞き取りもできないと言われており、リスニング能力を上げるのにも一役買います

スポンサーリンク
2.話す習慣がつく

日本語でも普段あまり使わない言葉や初めて言う単語は、とっさに口から出てこないですよね。外国語になるとなおさらで、声に出したことのない単語はすぐに声に出すのは難しいです。ネイティブの人と話す時に、すぐに言いたいことが口から出るようにするための準備運動として音読は最適です。

また、周りの自分が勉強している言語を話す人がいない時にも効果的です。私も1ヶ月ほど日本に帰国して全く中国語を話していなかった時は、すぐに中国語が口から出てこなかったり、四声がめちゃくちゃになってしまって大変でした。

普段から音読をしていると、このような事態を防ぐことができます。

3.文脈の中で単語がどのように使われているか学ぶことができる

言語の学習をしていて、同じ意味の単語が複数あって、何が違うのか困ることはありませんか?とくに中国語は似た意味の単語がたくさんあります。

例えば、英語だと「could you~?」「would you~?」、中国語だと「你可不可以~?」「你能不能~?」「你願意~?」など。どれも相手にお願いする時に使うものですが、シュチュエーションや文の内容によって使い分けをします。

これをフレーズだけで覚えていると、使い分けまで覚えることはできませんが、文全体を読むことでどのように使い分けされているのか、だんだん分かるようになってきます。

なぜなら、文章はそのシュチュエーションに合った正しい中国語が使われているからです。文章全体を読むことで、このシチュエーションではどの単語やフレーズを使うのか知ることができ、まさに生きた中国語を学ぶことができます。

まとめ

この上記3つを同時に行うことができるのが、声を出して文章を読むことなのです。単語を声に出して読むという方もいるかと思いますが、それならば、その単語の例文を声に出して読む方がより効果的です。

言語は話さないとすぐに忘れてしまったり、頭ではわかっているけれど、声に出して話せなくなります。もし、ご自身の環境が学んでいる言語を話す機会がない環境ならば、せめてこの勉強方法だけは定期的に実践していただきたいです。簡単なことですが、効果は抜群ですよ。

タイトルとURLをコピーしました