【中国語】結果補語6:「会(會)」「光」「住」

基礎編

形容詞や動詞の状態などを補足する単語を補語と言います。補語は方向補語、程度補語など色々種類があり、本記事では結果補語について解説します。結果補語とは動詞にくっつき、その動作をした結果どうなったかを表します

これだけ聞くと難しく感じますが、実は日本語でも似たものがあり、私たちは自然に使いこなしています。

例えば日本語で「食べた」という動詞がありますが、「食べ終わった」「食べ切った」など食べたことをどのように食べたのか、さらに詳しく説明することができます。日本語でいうとこの「終わった」「切った」が中国語の結果補語にあたります。

第6回目の今回は「会(會)」「光」「住」を学びます。

「会(會)」「光」「住」の文法

基本文法

動詞+会(會)/光/住+目的語

目的語が不要な場合は省略することができます。

結果補語「会(會)」

中国語(简) 中国語(繁) 発音 日本語
huì 上手だ、熟達している

 

元々できるという意味の「会(會)」。動詞とくっつくことでその動作ができるように(身についた、習得した)なったことを表します。結果補語の「会(會)」はニュアンスがわかりにく炒め戸惑う方も多いのですが、これを覚えておくと意味がわかりやすくなります。

■例文

(简)我学会了滑雪
(繁)我學會了滑雪
私はスキーができるようになった(習得した)

結果補語「光」

中国語(简) 中国語(繁) 発音 日本語
guāng 〜し尽くす、〜してすっかりなくなる

 

「光」は形容詞の用法の場合、「少しも残っていない」という意味があります。そのため、結果補語として働く場合は、動詞の動作を「〜し尽くす」「〜してすっかりなくなる」という意味になります。

■例文

(简)我把这个月的薪水都花光了
(繁)我把這個月的薪水都花光了
今月の給料を使い切ってしまった。

(简)我妹妹吃光了我买的蛋糕
(繁)我妹妹吃光了我買的蛋糕
妹が私が買ったケーキを食べてしまった。

「完」と「光」の違い

「完」は動作の完了を表しているので、単純にその動作が終わったことを表します。
「光」はその動作がどのように終わったか表しており、動作をすることで、「〜し尽くす」「〜してすっかりなくなる」ことを強調しています。

吃完・・・食べ終わる
吃光・・・食べ尽くす、食べきる

結果補語「住」

中国語(简) 中国語(繁) 発音 日本語
zhù しっかりと固定する

 

動作の結果、安定や固定される時に使用します。

■例文

(简)在明天以前我必须要记住所有参加者的名字
(繁)在明天以前我必須要記住所有參加者的名字
明日までに参加者全ての名前を覚える必要があります。

(简)感觉我人生卡住了
(繁)感覺我人生卡住了
人生に行き詰まった感じがする

「卡住」は何かが詰まったりしてその状態から動けない時に使用します。例文のような抽象的なものはもちろんですが、何かで引っかかってなかなか仕事が進まないときや、パイプにものが詰まったなど具体的なものに対しても使用できます。

単語帳

例文で使用した単語はこちら

中国語(简) 中国語(繁) 発音 品詞 日本語
滑雪 滑雪 huáxuě 動詞(離合詞) スキーをする
huā 動詞 (時間やお金を)使う
感觉 感覺 gǎnjué 動詞 思う、気がする

 

タイトルとURLをコピーしました